アレクサンドリアのフィロン ぬりえ

アレクサンドリアのフィロン(紀元前25-西暦50年)はヘレニズムの時代のユダヤ人哲学者でギリシャ哲学とユダヤ社会の伝統の融合を試みました。彼の多くの著作はプラトン主義から強い影響を受けて聖書を言いかえたものです。特に、フィロンはプラトンの考えをギリシャ哲学で「スピーチ」や「根拠」そして「理性」を意味するロゴスという用語を用いて世界を統治した創造主と結びつけて理解しました。

フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ ジャン・ポール・サルトル
Click to see printable version of アレクサンドリアのフィロン ぬりえ
カテゴリ: 
ライセンス: 

この作品およびテキストはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseで、イヴァン・ポドルニコフ(モントリオールコンコルディア大学・パリソルボンヌ大学哲学修士)により公開されました。

アレクサンドリアのフィロン ぬり絵をクリックして、印刷版またはオンラインぬり絵を表示してください(iPadおよびAndroidタブレットに対応しています)。

哲学カテゴリーもお勧めです。

このぬりえは、金曜日, 12月 25, 2015 - 18:34にkateにより投稿されました。