フランシス・ベーコン ぬりえ

フランシス・ベーコン(1561–1626) はイギリス人法律家、政治家、科学者、雄弁家そして哲学者です。彼の著作は科学革命の時代に非常に大きな影響力がありました。ベーコンはそこで知識の在り方について徹底的な改革を迫りました。彼は、科学的知識を、ベーコン式方法論と呼ばれる帰納的にだけ基づき自然の出来事を注意深く観察する方法で普及させました。ベーコンは、私たちの心は4つの誤ったイメージ(イドラ)によって妨げられており、いかなる知識を獲得する前にはそれを回避すべきであると信じていました。
1.種族のイドラ。一般的に人間の理解は物事の本質を歪めてしまう偽りの鏡のようである。
2.洞窟のイドラ。すべての個人は物事について教育や他者との会話を通じて自分自身の視点を持っているかもしれません。
3.市場のイドラ。誤った本質の判断は言語使用上の混乱によるものでもあります。
4.劇場のイドラ。それは誤った法律や教義的な哲学に由来する偏見です。

ゴットフリート・ライプニッツ イブン・スィーナー
Click to see printable version of フランシス・ベーコン ぬりえ
カテゴリ: 
タグ: 
ライセンス: 

この作品およびテキストはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseで、イヴァン・ポドルニコフ(モントリオールコンコルディア大学・パリソルボンヌ大学哲学修士)により公開されました。

フランシス・ベーコン ぬり絵をクリックして、印刷版またはオンラインぬり絵を表示してください(iPadおよびAndroidタブレットに対応しています)。

哲学カテゴリーもお勧めです。

このぬりえは、火曜日, 12月 22, 2015 - 01:54にkateにより投稿されました。