キティオンのゼノン ぬりえ

キティオンのゼノン(紀元前334-262年)はギリシャの哲学者で、ストア哲学の創始者です。ストア哲学はその独特で人を引きつける哲学的洞察によって最も重要な古代哲学として知られています。

究極目的について。
善い生き方をするためには自然に起きる事に一致しながら生きるべきです。.究極目的とは、実践的な知識を得て自然に従いながら物事を選択するエキスパートになることです。

感情について。
情熱は何かについての悪い判断です。それは心の行き過ぎた働きです。

運命と自由について。
物質的な世界はすべてが因果律によって決定される決定論的なシステムです。この出来事のつながりのなかで、神が積極的に働きかける原理であり、また物事をつなぎ合わせる根源的存在です。

アレクサンドロス大王とアリストテレス プラトンとアリストテレス
Click to see printable version of キティオンのゼノン ぬりえ
カテゴリ: 
ライセンス: 

この作品およびテキストはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseで、イヴァン・ポドルニコフ(モントリオールコンコルディア大学・パリソルボンヌ大学哲学修士)により公開されました。

キティオンのゼノン ぬり絵をクリックして、印刷版またはオンラインぬり絵を表示してください(iPadおよびAndroidタブレットに対応しています)。

哲学カテゴリーもお勧めです。

このぬりえは、月曜日, 1月 18, 2016 - 12:23にkateにより投稿されました。