聖トマス・アクィナス ぬりえ

トマス・アクィナス(1225 – 1274)はイタリア人のカトリック司祭で、カトリック教会の最も偉大な神学者、哲学者であると理解されています。彼の哲学的思想はローマカトリック教会と近代哲学の双方に対して多大な影響を及ぼし、発展または反論されました。アクィナスは彼の最もよく知られている著作「神学大全」で、アリストテレスの哲学とキリスト教の原理を総合しようと試みました。それはカトリック教会の主要な神学的教えを意図した内容で、神の存在や創造、人間、人間の目的、キリスト、秘蹟そして神に立ち戻るための理論を示しました。

イブン・スィーナー アテネにあるソクラテスの銅像(ギリシャ)
Click to see printable version of 聖トマス・アクィナス ぬりえ
カテゴリ: 
タグ: 
ライセンス: 

この作品およびテキストはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseで、イヴァン・ポドルニコフ(モントリオールコンコルディア大学・パリソルボンヌ大学哲学修士)により公開されました。

聖トマス・アクィナス ぬり絵をクリックして、印刷版またはオンラインぬり絵を表示してください(iPadおよびAndroidタブレットに対応しています)。

哲学カテゴリーもお勧めです。

このぬりえは、月曜日, 12月 21, 2015 - 23:51にkateにより投稿されました。