ジャン・ポール・サルトル ぬりえ

ジャン・ポール・サルトル(1905 - 1980)はフランス人哲学者で作家です。彼は1964年にノーベル賞を受賞しましたが拒否しました。サルトルは存在が本質に先行するという考えを提唱し実存主義哲学の発展に貢献したため20世紀で最もよく知られている哲学者の一人と理解されています。サルトルは人間にとって最も重要なことは、人間は存在しているということであり、独立して行動しその行動に責任を負っているということであると主張しました。人間の現実の生活はラベル、役割そして先入観のような他者が帰属するものではなく「真の本質」を構成しているのです。

アレクサンドリアのフィロン ジャン=ジャック・ルソー
Click to see printable version of ジャン・ポール・サルトル ぬりえ
カテゴリ: 
ソース: 
ライセンス: 

この作品およびテキストはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseで、イヴァン・ポドルニコフ(モントリオールコンコルディア大学・パリソルボンヌ大学哲学修士)により公開されました。

ジャン・ポール・サルトル ぬり絵をクリックして、印刷版またはオンラインぬり絵を表示してください(iPadおよびAndroidタブレットに対応しています)。

哲学カテゴリーもお勧めです。

このぬりえは、金曜日, 12月 25, 2015 - 14:52にkateにより投稿されました。