ジョン・ロック ぬりえ

ジョン・ロックはイギリス人哲学者で、認識論と政治哲学の発展に大きく寄与しました。経験主義者としてロックは、人々には生まれながら神についての知識があるという合理主義的主張を拒絶し、その結果、彼は人には生まれながらの知識はないという立場をとりました。特に、あらゆる単純または複雑な思想は感覚(五感)と内省(心の考える働き)を通して獲得されると。ロックは、また在民主権と政教分離の議論でも有名です。権威主義に反対することで、彼は単に権威を妄信するのではなく、真実を追求し、人々に自然権(生命、自由、財産)に基づいた生き方をすることを望みました。

バールーフ・デ・スピノザ ゴットフリート・ライプニッツ
Click to see printable version of ジョン・ロック ぬりえ
カテゴリ: 
ライセンス: 

この作品およびテキストはCreative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Licenseで、イヴァン・ポドルニコフ(モントリオールコンコルディア大学・パリソルボンヌ大学哲学修士)により公開されました。

ジョン・ロック ぬり絵をクリックして、印刷版またはオンラインぬり絵を表示してください(iPadおよびAndroidタブレットに対応しています)。

哲学カテゴリーもお勧めです。

このぬりえは、火曜日, 12月 22, 2015 - 16:25にkateにより投稿されました。